ZENONZARD(ゼノンザード):人工知能技術は将棋AI「HEROZ Kishin」【世界最高峰レベル】トレーディングカードはAI CARDDASSで画期的に進化する!!

ZENONZARD(ゼノンザード):人工知能技術は将棋AI「HEROZ Kishin」【世界最高峰レベル】トレーディングカードはAI CARDDASSで画期的に進化する!!


子供たちのコレクトアイテムがAI搭載で進化爆誕!!

2019年新・ブランド「AI CARDDASS」誕生

コーポレート・メッセージ「夢・クリエイション」でお馴染みの玩具メーカー「株式会社バンダイ」

1950年に玩具製造小会社「萬代屋」として創業、間もなく創立70周年を迎える、国内を代表する玩具メーカーだ。

現在は統括主である「バンダイナムコホールディングス」の傘下にあたり、事業内容はキャラクター玩具や、オリジナル玩具、そしてトレーディングカードを扱っている。



バンダイのトレーディングカードといえば、1988年から自動販売機流通で子供の間で大人気となった「カードダス」シリーズ。

ドラゴンボールや機動戦士ガンダム、プリキュアなど、人気キャラクターのカードダスは、世代ごとに子供たちのコレクションアイテムであった。

そして・・・きたる2019年。

カードダスは更なる進化を遂げ、人工知能・AIと融合。

「AI CARDDASS(エーアイカードダス)」の新ブランドが生まれる。

AI CARDDASSの「凄さ」を紹介

プラットフォームはスマホアプリ

株式会社バンダイの「カード事業部」は、人工知能・AIの技術を活用したデジタルカードゲームの新ブランド「AI CARDDASS(エーアイカードダス)」を立ち上げることを発表した。

その第一弾タイトルとして「ZENONZARD(ゼノンザード)」を2019年に、スマートフォン向けアプリとしてリリースする。

これまでのカードダスシリーズは、基本的に自動販売機、若しくはカードを排出するアーケードゲーム機がプラットフォームとなっていたが、AI CARDDASSはスマホでの運営がベースとなる模様。

頭脳となるAIは「世界最高峰」のHEROZブランド

スマートフォンアプリにプラットフォームを移し展開していく、カードダスのトレーディングカードゲーム。

既に、スマホアプリでトレーディングカードゲームをプレイできるものは数多く存在するが「AI CARDDASS」最大の特徴は、人工知能・AIが搭載されていることだ。

それも、驚くことなかれAI CARDDASSのカードバトルの特化型AIは、世界最高峰レベルの将棋AI「Ponanza(ポナンザ)」の流れを組む「HEROZ株式会社」の「HEROZ Kishin(棋神)」が受け持つ。

プレイヤーは、AI CARDDASSのスマホアプリ内で、AIとトレーディングカードバトルを行うことが出来る。

これまでのパターン化されたCPUと違い、AIはユーザーとの対戦により、戦略やデッキ構成を日々学習し成長していく。

そのようなAIとカードバトルを繰り返すことにより、ユーザーのカードバトルスキルも自然と向上していく。

AIと共にユーザーも進化する「AIサポートシステム」

AI CARDDASSの人工知能活用はそれだけにとどまらない。

深層学習(ディープラーニング)を繰り返し行なったAIは、カードバトルの結果のみならず、バトル中の経緯などを分析し、ユーザーに対してのデッキ強化のアドバイスや、戦略アドバイスを行ってくれる。

また、バトル対戦中においてもAIからのアドバイスなど、プレイヤーを様々なシーンでサポートしてくれる。

HEROZ☓バンダイ の化学反応は!?

カードゲームの歴史を変える熱い展開に期待!!

HEROZ株式会社は、バンダイナムコホールディングスの中核企業である「バンダイナムコエンターテイメント」と2016年末から資本業務提携を実施。

遂にふたつの企業の頭脳と技術のコラボレーションが花を咲かせることとなる。

これまで将棋やチェス、バックギャモンといった「ボードゲーム」での人工知能開発を行ってきたHEROZだが、トレーディングカードゲームの戦略においての人工知能開発がたいへん見ものである。

1990年台より拡大を続け、一時期は1,000億円を超える巨大市場となった「カードゲーム業界」

元祖ともいえる「マジック・ザ・ギャザリング」から「遊戯王」「デュエルマスターズ」「ヴァンガード」など多くのメガヒットブランドが生まれ、遊技人口も世界規模に拡大した。

いまや、チェス、将棋、麻雀といった歴史の深いテーブルゲームに匹敵する遊技人口となっている。

世界規模で大会が開かれ、数々の名人、王者、そして伝説を生み出してきたカードゲーム業界。

そこに世界最高峰の人工知能・AIが殴り込みをかけるという現在の図式。かなり熱いものがある。



有識者の見解や予想ではスマホアプリ「ポケモンGO」以来のビッグコンテンツになると予想されているAI CARDDASSの第1弾アプリ「ZENONZARD(ゼノンザード)」

HEROZ株式会社の株価は、このニュースの発表から緩やかに上昇を始めている・・・

関連記事はコチラ

日本国内企業のAI事業についての記事はコチラ↓↓↓

トップページに戻る