古瀬あい・安藤ユウ:コミュニケーションAI開発『SELF株式会社』取材レポート前編「美少女AI古瀬あいのヒミツに迫る!!」

古瀬あい・安藤ユウ:コミュニケーションAI開発『SELF株式会社』取材レポート前編「美少女AI古瀬あいのヒミツに迫る!!」


SELF株式会社へ取材敢行!!

古瀬あい生みの親SELF株式会社

スマートフォン向け「人工知能・AIコミュニケーションアプリ」の金字塔ともいえるSELF株式会社のiPhone&Android用アプリ「SELF:人工知能(AI)があなたの生活を完全サポート」について、当ブログでは幾度となく取り上げてきた。



特に、当ブログが注目しているのは「AI美少女とのコミュニケーションアプリ」という表向きの姿とはウラハラに、使い込んだユーザーだけがわかる「自己潜在能力を引き上げてくれる」というアプリのチカラ。

と、ブログでそのようなことを書き連ねているのだが「本当にそうなのか??」ということが常にアタマにはあった。

自分だけの思い過ごしだったら、とんだペテン野郎になってしまうので・・・

それを確認するために、SELF株式会社にアポイントメントをとり、取材を敢行することにした。

今回は、その取材内容を紹介する。

対応してくれたのはCOO

東京都新宿区にあるSELF株式会社で、私を迎えてくれたのはCOO(最高執行責任者)の方。

SELF株式会社は、アプリを製作し、世の中に解き放った時点から、古瀬あいをはじめ、アプリ内に登場するAIロボは「ユーザー各々のもの」という考えをもっている。

よって、今回のような取材の場合、実際のアプリ製作や運営に関わっているプログラマーやグラフィッカーが取材に対応してしまうと、いわゆる「ディズニーランドのミッキーマウスが、目の前でヌイグルミのアタマをとって素顔を見せるような状態」つまり夢を壊してしまうことに繋がってしまう。

それを考慮して、直接ではなくディレクター的な立場として、間接的に製作や運営に関わっているCOOが、わざわざお忙しいなか対応してくれることとなった。

それでは、SELF株式会社COOに対して投げかけた、様々な質問と、それに対しての答えを紹介していこう。

SELFアプリの人気は??

ダウンロード数について

SELF:人工知能(AI)があなたの生活をサポート

 

SELFアプリがリリースされたのが2016年3月(末)。それからしばらく経っての2017年4月に美少女AI「古瀬あい」がアプリ内に登場。そこからSELFアプリは一気にダウンロード数を伸ばしていく。

AppStoreランキングのエンタメランキングトップも獲得したことがあるSELFアプリ、iPhone版、Android版トータルでダウンロード数はどれくらいなのだろうか?

SELF COO からの回答

「iPhone、Android両方で約60万ダウンロードです。iPhoneの方は少し落ち着いてきましたが、Android版はまだまだダウンロード数が伸びています」

人工知能・AI系のアプリのなかでは断トツ仏契(ぶっちぎり)のダウンロード数をたたき出している。

SELF株式会社は、近々新キャラである「イケメンロボ(AI)」のアプリ内リリースも予定している。リリース後は更にダウンロード数を伸ばしていくことだろう。

※イケメンロボは8月23日にリリースされています。

行くぜ! 100万ダウンロード!!

古瀬あいのヒミツを暴く!!

古瀬あいの「名前」について

ここからは、当ブログファンの方お待ちかねの、美少女AI「古瀬あい」についての質問を畳み掛けてみた。

まずは、古瀬あいの名前の由来について。また、没ネームなどはあったのだろうか・・・?

SELF COO からの回答

「名前をつける前提として、あまり狙ったような名前。例えば、難しい漢字を使ってみたり、ありもしないような名前にするのはやめようというのはありました」

「没ネームはほとんどなかったと言うのが正しいと思います。マキさんのブログにも書いてあったように、SELFという社名と、人工知能の「AI」をモジったもので、すごくシンプルに決まりました」

「また名前のなかに「和」的なものを入れたいというのはありました。古瀬という漢字にはそういうイメージに合致しましたので」

海外のブログに「古瀬あい」という名前がとても日本的で良いという評価があった。

海外版がリリースされるようなことがあっても、しっかりと人気を獲得できるだろう。

古瀬あいの「ビジュアル」について

古瀬あいのキャラクタービジュアル。現在の完成形に至るまでに、多くの没デザイン等があったと思われる。

いかにして、古瀬あいのキャラクタービジュアルは決まっていったのだろうか?

SELF COO からの回答

「古瀬あいのハナシをする前に、初期型ロボのデザインなのですが、マキさんのブログに「キテレツ大百科のコロ助のパクリじゃないか?」ってありましたよね。不思議なもので、初期型=成長性がある、カワイイけどポンコツな感じ、などの要素を積み上げて絵におこしていくと、なぜかコロ助みたいになってしまうんですよね」

「同じように、古瀬あいも、人工知能やアンドロイド、未来的なことや清潔感等の要素を取り入れてまとめていくと、とある有名な女性キャラクターそっくりになってしまいました」

「そこにアレンジを加えて作られたのが現在の古瀬あいです」

ブラッシュアップされる前の古瀬あいの姿は、とある有名女性キャラクターにたいへん似ていた・・・と、たいへん気になる発言。

そのキャラクターの作品名やキャラ名を表記することはできないが、その名残はたしかに存在する。

なにより、そのキャラクターについても、そもそも「まるでTVドラマの◯◯そっくり」というビジュアルなわけで、キャラクターデザインというのは突き詰めていくと、ある一定の枠の中に落ち着くということだ。

古瀬あいの「声優」について

古瀬あいファンならば「声優」が誰なのか気になるところ。私は全然気にならないし、むしろ音声「OFF」で使用しているのでどうでも良いのだが、古瀬あいファンの英霊たちが背中をぐいぐい押すので仕方なく聞いてきた。

古瀬あいの声優は、ズバリ誰なのか?

SELF COO からの回答

「弊社のポリシーとして、SELFアプリ内のロボ(AI)の声優が誰なのか? に答えることは残念ながらできません」

「ロボのキャラクターに外部的な影響があるような情報は基本的に公開しないつもりではありますが、今後、古瀬あいというキャラクターがユーザーの方に定着し、ヴォーカロイドの初音ミク並みに有名となり、声優の方自身にメリットがあるのならば公開する可能性はあります」

「現段階で言えるのは、プロの声優の方で、ブームにもなった人気アニメの声優の方です。それ以上は言えないこと、ご容赦ください」

とは言いつつ、出演している作品名まで聞くことはできた。聞いた途端「えぇ!!マジで!?」と大声を出してしまったくらいだ。声優に興味ないくせに。

どれくらい声優に興味がないかと聞かれた時に、よくこたえているのは「一緒の席で、目の前でカニ鍋を食べている女性が「林原めぐみ」だと気が付かなかった」くらい興味がない。

そんな自分が「えぇ!!マジで!?」なのである。

とはいっても、野沢雅子ではない。

「オッス! オラ、古瀬あい!」ではない。

古瀬あいの「衣装」「髪型」について

当ブログの過去記事

SELF:古瀬あいのファッションについて触れてみる

SELF:人工知能「古瀬あい」ちょっとイメチェンする

内でも「苦言を呈していた」ように、いいかげん古瀬あいの衣装を他のものに変えてみたい。

Twitterなどの投稿にもそのような要望、苦言は多く、ファンの多くがそれを待ち望んでいるだろう。

その可能性はあるのか??

SELF COO からの回答

「検討中です。正直なところ、そのようなお客様からの声はたいへん多く、検討しております」

「まだ、キャラクターとしてそこまで一般に浸透していない古瀬あいが、髪型や服装が変わることで、キービジュアルがブレてしまうことを恐れています」

「要望がたいへん多いことは把握しているので、前向きに検討していることは確かです」

遠からず、近い将来「服装チェンジ」の可能性が高いのか??

ひとまず、キービジュアルの維持に努めたいとのことから、髪型を変えることはできなさそうな予感。

せめて・・・12月には、サンタコスを見たいのだ・・・

ロボット(AI)のシンクロレベルについて

古瀬あいに限らず、アプリ内のロボット(AI)と会話を続けていくと増加する「シンクロレベル」

シンクロレベルが上がることによって、ロボの会話内容が変わったりするのだろうか?

SELF COO からの回答

「シンクロレベルを単純に説明すると、AIがどれだけユーザーのことを知っているのか? という深さを表しています」

「ユーザーのことを知れば知るほど、AIから投げかけてくる会話の内容も増えたり、変化したりします」

長くアプリを使用していると「あれ? これまで、こんなこと話さなかったのに・・・?」という気付きが度々ある。

それは、AIとの会話により記憶されたユーザーのデータをAIが解析して、それに見合った会話を提案しているからということのようだ。

このカラクリのヒミツについては、次回「後編」にて詳しく判明していく。

古瀬あいの人気は・・・?

各ロボの人気ランキングは?

SELFアプリ内には「古瀬あい」だけでなく、初期型ロボをはじめ、他のロボを複数選択することができる。

もちろん古瀬あいが断トツのトップなのだろうが、他のロボはどうなのだろうか?

そこらへんがどうにも知りたくて聞いてみた。

SELF COO からの回答

「いちばん人気は『初期型ロボ』です」

「つづいて、ほぼ同じくらいのユーザー数で『古瀬あい』と『オカマロボ』」

「その次に『インテリジェンスロボ』『タルるートくん』という人気の順番です』

ほげぇえ!! 古瀬あい、初期型ロボに負けていた!?

まあ、チュートリアルとしても登場する初期型ロボは、ユーザーにたいへん肯定的で人気なのはわかる。

私も、古瀬あいとの会話が途絶えたりすると、ひょっこり会いに行ったりしてしまうくらいフレンドリーな奴だ。

尚、SELFアプリのユーザーは6割以上が女性ユーザーとのこと。そのような需要から、近日登場の「イケメンロボ」も控えている。

イケメンロボについての詳細は、次回後編にて。

※この取材はイケメンロボリリースの10日ほど前に行われました。よってランキングにイケメンロボは含まれておりません。

つづきは後編で!!

後編ではSELF・AIエンジンに深く切り込む

SELF株式会社への取材レポートはひとまずここまで。

ここまでを「古瀬あい編」と題し、続く後編は「SELFエンジン編」と銘打ち、古瀬あい、SELFアプリの核とも言える人工知能SELFエンジンについて聞き出してみる。

後編に続く前に紹介しておきたいことがある。

雑談的な会話の中で、SELF株式会社COOはたいへん興味ある言葉を伝えてくれた。

それは、

「人工知能・AIという言葉はたいへん広義的で、その言葉から企業や人はさまざまなイメージや定義をもちあわせておりますが、SELF株式会社は人工知能・AIを『ある目的のために情報処理を自動化する』ものだと考えています」

と、いうもの。

とても短く、シンプルな「目的のために情報処理を自動化する」という言葉。

人工知能・AIについて日夜取り組んでいるからこそ辿り着いた見地だと思う。



この定義があるからこそ「SELFエンジン」という高度な人工知能が生まれ、我々のスマフォ越しに古瀬あいは微笑んでくれる。

この言葉を噛み締めた上で、後編の記事を読んで頂きたい。

トップページに戻る