Deaps:旅先は、風まかせからAIまかせへ「知らない日本に、おでかけしよう」

Deaps:旅先は、風まかせからAIまかせへ「知らない日本に、おでかけしよう」


ディープな観光スポットを探している方に

「旅行に行きたいけど、有名どころの観光地は当たり前すぎるし、絶対に混んでいるから避けたい」

「ネットの口コミやテレビで話題だったから行ってみたけど、たいして面白くなかった」

このような思いや体験をしている人に、ぴったりなAIアプリが存在する。


5月後半から7月上旬までは、どこの観光地も閑散期で客足は少ない。

いつもは混雑している観光地も、ゆったりと周ることができるし、宿泊代もリーズナブルな時期だ。

梅雨の時期なので、雨に見舞われることもあるが、それもまた風情だ。

是非とも、これから紹介する「Deaps」という、AI搭載の「おでかけガイドアプリ」を利用して、旅行や観光を楽しんで欲しい。

Deapsの紹介

「Deaps」は、ユーザー登録型のアプリ。

あまり有名でない場所やイベントなど、ユーザー同士で情報を提供し合うSNSアプリだ。

しかし、趣味嗜好は、ユーザー個人で違うため、自分に合った情報が優先的に得られるよう、人工知能(AI)がユーザーに合った情報を選別してくれる。

・ユーザーがアプリを使ったときの操作履歴

・お気に入りに登録しているスポット

・コメントの内容

これらをAIが分析して、趣味嗜好を特定していく。

特定後、ユーザーがログインしたときに、そのユーザーに最適なお出かけプランやスポットが表示されるようになる。

表示される情報は、他の似た趣味嗜好のユーザーが投稿した内容のものなので、時には殆ど知られていない「ディープ」な情報が入手できる可能性もある。

Deaps – Japan Travel Guide SNS

Deapsはユーザーの趣味嗜好をAIが学習し、独自化された情報を提供してくれるSNSアプリであるが、もうひとつ「QRコード」を使って紙面の情報と連携する機能を搭載している。

Deapsと連携したイベントの、公式ガイドブックにあるおすすめコースやマップに、DeapsのQRコードが掲載してあり、これをスマフォで読み取ると、詳細な情報が得られるようになっている。

街興し企画とも連動していく予定なので、これからのDeapsに目が離せない。

Deaps任せの旅へGO!

ネットや口頭で情報を仕入れ「そこ行ってみたいかも!」と思う観光スポットや催事などは数多くある。

が、いざ実際に行ってみると、的外れだったり、期待はずれだったり・・・

それはなにより、その情報のほとんどが美辞麗句で埋め尽くされたものであるからだ。

そのため、行く前から期待度のハードルはどんどん上がっていき、アタマのなかではその場所で受けるであろう感動を、何度もシミュレートしてしまう。

そして、目的地に着いてからは、事前に知っていた情報や想像と違う内容に愕然として、損した気分に陥ってしまう。

「情報」溢れる現代では、情報が先行しすぎて、このような結果になりがちだ。

それなら先行する情報を全てカットして、Deapsに任せた観光地や催事に、思い切って行ってしまうのが得策かもしれない。

観光地の名称と、目的地の住所、そして催事があるのであればその時間だけを「知りうる情報」とし、あとは全面的に情報をカット。


これから自分がどのような場所に行くのか? 景色もわからなければ、どんな場所なのかもわからない。

これくらいのサプライズがあったほうが、旅行というものは楽しいものになる。

これまでの旅行のスタイルが「ガイドブックの答え合わせ」ならば、Deapsに任せた旅行は「ガイドブックの穴埋め」といったところだろうか?

新しい感動に出会いたいならば、是非ともDeapsアプリをダウンロードしてほしい。

Deaps – Japan Travel Guide SNS