Echo Show:値段や発売日【3つの特徴&2つの魅力】スマスピの祖Amazonがユーザーを「しっかり」考えたスクリーン付きスマートスピーカー登場!!タブレットの替わりにも!?

Echo Show:値段や発売日【3つの特徴&2つの魅力】スマスピの祖Amazonがユーザーを「しっかり」考えたスクリーン付きスマートスピーカー登場!!タブレットの替わりにも!?


日本でも発売決定「Echo Show」

スマートスピーカーの祖「Amazon」が送る最新スマスピここにあり!

スマートスピーカーファンにビッグな朗報!!

ご存知オンラインショップ最大手「Amazon」より、スマートスピーカーの新製品が発表された。

機種名は「Echo Show(エコー・ショー)」

10.1インチのHDディスプレイ、ドルビーステレオスピーカーを搭載した、動画&音楽再生を重視したスマートスピーカーだ。



価格はかなりお手頃な「¥27,980−」

発売日は「2018年12月12日」となっている。

2018年から2019年へかけてのクリスマス、大晦日、お正月・・・更にその先をスペシャルにしてくれること間違いなし。

それではスマートスピーカー「Echo Show」の詳細を紹介していこう!

「しっかり」が詰まったEcho Show

Echo Showのスペックをしっかり紹介

サイズ 246 mm x 174 mm x 107 mm
重量 1,755 g
スクリーンサイズ 10.1インチ タッチスクリーン
カメラ 5MP
オーディオ 2.0インチ ネオジム x 2 パッシブバスラジエーター付き
Bluetooth接続 A2DPプロファイルサポートにより、スマートフォンの音楽をEcho Showにつなぎ、Echo Showのスピーカーで再生可能。Echo ShowをBluetooth対応スピーカーにつなぎ、Bluetooth スピーカーから音声や音楽を再生可能。AVRCPプロファイルをサポートし、接続中のデバイスの再生や停止などを音声でコントロールできる(Mac OS X デバイスには非対応)
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ (MIMO) 802.11a/b/g/n/c Wi-Fiネットワーク、802.15.4(スマートホーム接続)に対応。アドホックモード(またはピアツーピア方式)のWi-Fi ネットワークには非対応
プロセッサ Intel Atom x5-Z8350

特徴1・ジャストなサイズでしっかり置きやすい

Echo Showの実物をイメージするのであれば、10インチタブレットと比較するのが一番良い。

その背面にスピーカー・アンプを内蔵したスタンドがあり、その奥行きは約11cmと、現行の4〜5インチサイズのスマートフォンの縦の長さと同程度。

この大きさこそが「ユーザーが邪魔と思わない最大のサイズ」といったところだろう。

Echo Showは、部屋のどこにでも置きやすい大きさと形だ。

Amazonはユーザーの使い勝手をしっかりと考えている。

特徴2・動画鑑賞をしっかり楽しめる作り

Echo Showのスクリーンサイズは10.1インチ。

この約10インチという画面サイズこそが、動画・・・特にドラマや映画、スポーツ、バラエティを鑑賞するにあたって、集中&没頭できる「最小」のサイズといえよう。

Echo Showでは、同じスクリーン付きスマートスピーカーである「Echo Spot」では非対応であった、Amazon Prime Videoの動画再生が可能。

Amazonは、しっかりとEcho Showで動画ライフを楽しんでもらう工夫を凝らしてきている。

特徴3・音響もモチロンしっかり拘っている

映画をはじめ、ドラマやバラエティ動画を、ユーザーにしっかり楽しんでもらうため、Amazonは音響にも拘った。

DOLBY対応のパワフルなスピーカーを背面に左右2つ装着。

「正面向きでないから、音が聴こえにくいのでは?」

と思われるかもしれないが、スピーカーから発せられる音を室内で聴く場合、耳に入ってくる半分以上の音は壁面に反射したものである。

わざと背面にスピーカーを設置し、壁面への反射を有効活用することで、小さなスピーカーでも広がりのある、迫力のサウンドを楽しむことが出来るのだ。

魅力1・パッシブラジエーターでしっかりと低音を表現

更にもうひとつ音響について。

Echo Showのスピーカーの大きさは、正直あまり大きなものではない。

そこで心配されるのは「低音の厚み」

それを補うため、Echo Showのスピーカーは「パッシブラジエーター」方式を採用している。

電磁気回路なしで空気振動を利用することでスピーカーユニットを動作させるパッシブラジエーター方式は、小型の筐体でもしっかりと低音が響く高音質サウンドを楽しめる。

タブレットのポジションを奪いそうな予感

魅力2・良いとこ取りのEcho Show

「Echo Show」はスマートスピーカーだけあり、操作のメインは音声によるものとなるが、タッチパネルでの操作もタブレット端末のように快適に行える。

既存のAlexaスキルも10.1インチスクリーンに対応できるよう刷新・進化中。

もちろんAmazon Alexaに対応したスマート家電のコントロールも可能だ。

Echo Showは、スマートスピーカーとタブレットのいいとこ取りといった感じだ。

更なるEcho Showの発展を期待!!

Echo Showが10.1インチスクリーンを搭載したスマートスピーカーに進化したことにより、今後は既存タブレットで人気の、学習アプリやツールアプリもAmazonスキルに対応する可能性も大いにある。

Amazonとしては、混沌として頭打ち状態となってしまっている現状の「タブレット業界市場」のシェアを頂いてしまおうという戦略もあるのではないだろうか?

さすがに重量が約1.7kgと、両手で持ってのアクションを要するゲームアプリには不向きだが、タッチペンを使用するようなパズル系やSLG系なら楽しむことが出来るだろう。

価格の¥27,980−という設定も、他のタブレットと比較した場合、安価な部類に入る。



既に、AmazonはMicrosoftと提携をし、EchoシリーズでMicrosoftの音声アシスタントAI「Cortana」を使用することが出来る。

更にはこの先、MicrosoftのExcelやWordといったビジネスソフトが、Echo Showでも使用可能となる日が来るようなことがあれば、タブレットを購入しようと考えているユーザーの選択肢にEcho Showは大きく加わってくることになるだろう。

Amazonの躍進は、留まることを知らない。

トップページに戻る