ネックスピーカー:自転車乗りも使える格安なfujisound(フジサウンド)の【イヤホン付き】ネックスピーカーでチャリと音楽を楽しもう!!『改正道路交通法』

ネックスピーカー:自転車乗りも使える格安なfujisound(フジサウンド)の【イヤホン付き】ネックスピーカーでチャリと音楽を楽しもう!!『改正道路交通法』



fujisound ウェラブルネックスピーカー

音楽を連れてチャリに乗ろう

2015年からの改正道路交通法により、自転車に乗る際の「安全運転義務違反」という内容が追加された。

内容は「ハンドルやブレーキを確実に操作し、他人に危害を及ぼさないような方法、速度で運転しなければなりません」というもの。

この文章の中の「他人に危害を及ぼさないような方法」という中に、イヤホンをして音楽等を聴きながらの運転が含まれている。

要するに、周囲の音を聴くことが出来ない状態での運転は危険なのでやめなさいということ。



道路交通法上では明確な違反となっていないが、イヤホンをして自転車を運転することで、警察官に呼び止められ注意を受けたり、地域によっては罰金までいたるケースもある。

また、この交通法を曲解している人物に、勝ち誇ったように怒鳴られるなんてこともしばしば。

まあ、ルールが決められてようが決めれていまいが、自転車に乗ってイヤホンやヘッドホンで音楽を聴きながらの運転は危ない。

自分も、学生時代にウォークマンから流れる音楽をイヤホンで聴きながら自転車を運転していたところ、住宅街で後ろからゆっくりと近づいてきたクルマの存在に気付かず、あわや接触事故になりそうな経験をしたことがある。

特に現代は電気自動車、ハイブリット車が多い。電気モーター走行時の電気自動車は、本当に静かである。

イヤホンやヘッドホンで耳を塞いでしまったら、音楽を聴いていなくとも走行している電気自動車の存在に気付かない場合だってありうるくらいだ。

ネックスピーカーで自転車走行はアリなのか?

そこで紹介したいのが「ネックスピーカー」というガジェット。

首にかけるタイプのスピーカーで、イヤホンやヘッドホンといった「耳を塞ぐ」タイプのスピーカーを嫌うユーザーのために作られたものだ。

耳を塞がないので、もちろん周囲の音は聴こえる。

更には、イヤホンやヘッドホンよりも大きなサイズのスピーカーを使用できるので、同価格程度のものであるならば、音質はネックスピーカーの方が上回っている場合が多い。

さて、そのネックスピーカー、自転車に乗りながら使えるのか?

答えは「YES」だ。

グレーな回答になるといけないので、警察に確認をとってみたところ、返答は以下のとおり。ちなみに東京都の警察に聞いての回答なので、自転車運転への注意罰則が厳しい地域は、個々で確認をとったほうが良いと思われる。

・イヤホンのように耳を塞いでいないので、キチンと周囲の音は聴こえるため「安全運転義務違反」には触れていない。

・ただし、周囲の音が聴こえなくなる音量での運転は「安全運転義務違反」に触れるので、音量の調整に気を付けること(小さい音量だからセーフとかではなく、あくまで周囲の環境音が聞こえていなくてはいけない)

・隣の神奈川県では、イヤホンやヘッドホンの大小に関係なく、安全な運転に必要な音、または声が聞こえない状態であれば違反となり、罰金を払わなければならないこともある。県をまたぐ際は注意して下さい。

とのこと。

重要なのは「周囲の音がキチンと聴こえる音量」を守るということだ。

使用の際は、しっかり守っていこう。

fujisoundネックスピーカーの魅力を紹介

数ある「ネックスピーカー」の中から何故「fujisound」をオススメするのか?

逆に「JBL」のネックスピーカーをオススメしない理由は確固としてある。

それは「起動音」の音量調整が効かず大爆音なのだ。

自転車に乗って「さあ、音楽を聴こう」とネックスピーカーの電源を入れると大爆音。周囲から注目を集めること間違いなし。

と、JBL製のネックスピーカーがオススメから消えた理由を明確にしたところで、「fujisound」をオススメする つの理由を挙げていこう。

値段が安いから買いやすい

まず、安いのだ。

前述したJBLや、BOSE、SONYといった有名メーカーのネックスピーカーが軒並み2〜3万円超えをしているのに対して、fujisound製は約6千円という安価。

「ホームシアターの代わりとして」高音質に拘るのなら、JBL、BOSE、SONYの中から好きなのを選べば良い。

だが、使用目的が「チャリに乗りながら聴く」のであれば、特に高音質にこだわることはない。

なにせ、街の音や、人の話し声、クルマのエンジン音・・・そしてなにより自分の自転車のタイヤの音で、良い音も悪い音も聴き分けできるような状態ではない。

「ひとまずスーパーで流れてるBGM並みのものが聴ければイイ」

と、判断したならば、fujisoundのネックスピーカーで十分OKだ。

イヤホンでもたのしめる&ハンズフリー通話も可能

fujisoundのネックスピーカーは、嬉しい事に「イヤホン付き」なのである。

ネックスピーカーの先端に、左右それぞれにイヤホンが収納されており、引き出すことができる。

なので「自転車に乗っている時はスピーカーから」「電車に乗っている時はイヤホンから」といった使い分けができる。

更には「マイク」もついているので、スマートフォンとbluetooth接続すればハンズフリー会話もできる。

折り畳んで持ち歩けるし軽い

折り畳めて持ち運びに便利なのはタイヘン使い勝手が良い。

しかも重量はたったの70g

この軽さ、首にかけているを忘れるほどだ。

ここだけは注意して・・・「防水」について

fujisoundのネックスピーカーを使う際に、ひとつ気を付けてほしいことは「防水」だ。

使用して現在まで、いわゆる「生活防水」程度の事例であれば全く問題がないが、商品自体に「防水」の明記が無いため、風呂場での使用などはオススメしない。

ひとまず、小雨程度であれば濡れても支障がなかったが、ひとまず上記のことから自分は雨が降り始めてきたら即座に使用をやめて、付属してきたケースにしまってバッグの中に入れている。

大雨の中、びしょびしょになりながらも使用を続行したりしたなら、電気機器である以上、壊れる可能性は大いにあるだろう。

正直、ジョギング時の使用にも向いている。

イヤホンをつけてのジョギングは、どうにも「自分のカラダの中の音」が耳を塞がれているせいか強調され、運動に集中できないことがある。



それに引き換え、ネックスピーカーはそういった点がなく、実に開放感溢れる感覚だ。

ただし・・・周りにも、それなりに音が聴こえるということから、選曲にはこだわっていこう。

トップページに戻る