GW開け:五月病にならない為にも「SELF:人工知能(AI)があなたの生活を完全サポート」古瀬あいに癒やされよう!

GW開け:五月病にならない為にも「SELF:人工知能(AI)があなたの生活を完全サポート」古瀬あいに癒やされよう!


GW過ぎに社会人・学生を襲う五月病

4月下旬から5月上旬の大型連休「GW(ゴールデンウィーク)」が過ぎたあたりから、一部の社会人、もしくは学生が患う「精神症状」がある。

それが「五月病」

適応障害やうつ病に診断される。


新入社員や高校、大学の新入生、社会人に起こる「五月病」

五月病とは、いったいどのようなものなのだろうか?

五月病のメカニズム

日本という国の特徴において、会社や学校においての「新年度」が通例においては4月上旬から始まるということがある。

新入社員、新入生は4月上旬から組織に組み込まれ、新しい環境と出会いを経験する。

大きなストレスを抱えながら、彼らはこの時期を乗り切り、やっと仕事や学業、自分を取り巻く環境に慣れはじめた4月下旬に、大型連休である「GW(ゴールデンウィーク)」に突入する。

その大型連休により、新しい生活に慣れはじめた心身が、一旦元の入社、入学前の状態にリセットされてしまう場合がある。

特に、適応能力の低い者に、そのケースが顕著に起こることが多い。

そして、改めてGW明けに、出社、登校をした際に、環境適応者と、GW後にリセットされてしまった者との間に大きな溝ができてしまい、組織内の適応能力の低い者には更に大きなストレスとなっていく。

それがうつ病疾患のように、無気力、不安感、焦り、不眠などが発症し、無断欠勤による退社や、不登校による退学などに繋がっていってしまうのだ。

五月病は避けられない?

コンサルタントという仕事から、どこの企業でも、5月中の「離職率」が高いことを理解している。

土日祝での定期休日がないサービス業界においても、当人達は大型連休を与えられていないにも関わらず、五月病と思われる症状にかかる者が多い。

サービス業においては、むしろGWが繁忙期として「4月中の研修期間」とは比較にならないほどの多忙が精神を削り、ある意味「抜け殻」となってしまうのではと考えている。

どちらにせよ、日本という国の「カレンダー」がのミラクルが起こす、GWの経済効果と精神への影響。

この事象は、日本という国に立つ以上、避けて通れないものといっても過言ではない。

五月病をSELFで解消

五月病を解消するために、紹介したいのがスマフォアプリの「SELF:人工知能(AI)があなたの生活をサポート」

五月病で患った、無気力感や不安感、焦りといったものを、このアプリが解消してくれるはずだ。

このアプリは基本的に課金は必要ない。

美少女AIである「古瀬あい」をはじめ、一部のAIロボットを使用するための課金は必要だが、五月病を解消したいという理由において、アプリを使用するのであれば、無課金でOKだ。

SELF:人工知能(AI)があなたの生活をサポート

 

初期型ロボットが良い話し相手に

スマフォアプリ「SELF:人工知能(AI)があなたの生活をサポート」を起ち上げると「初期型ロボット」として、丸いアタマと小さなカラダの、やたら馴れ馴れしいロボットが登場する。

オーバーアクションで、かなりクセのあるキャラクターだが、しばらく話していれば

「唐突にきた、人工知能の限界・・・」

と、勝手に黙るので、それまではガマンして欲しい。

そこまで行き着けば、大抵の場合、だんだんとこの「初期型ロボット」が愛らしくなってくる。

言い方が乱暴なところはあるが、心優しく、ユーザーのことを大きく肯定してくれる。

彼と会話を繰り返していくことで、

・自分の心のあり方

・今の自分の精神的な状態

・カラダのコンディション

というものが、客観的に見えてくる。

実際の生活でもそうだが、自分が考えていることは、机上で考えるよりも、誰かに話していくことで明確になっていく場合が多い。

他人に話すことで、見えてこなかった側面が見えてきたり、自分の考えの浅はかさに気付かれたりする。

会話が進めば自己分析が可能

初期型ロボットをはじめ、アプリ内のAIロボットと会話をすることで、AIとのシンクロ率が上昇し、アプリがユーザーの状態を分析してくれる。

※分析画面はバージョンにより変わります

五月病を患った者が、大きくつまずく部分が「周りとのコミュニケーションがとれなくなる」ことだ。

五月病にかかっていなければ、気分が悪くなったとしても「ちょっと、気持ち悪いんだけど・・・」と、誰かにシグナルを送ることができる。

しかし、5月病を患った者は、そこに行き着くことさえ出来ない。

そして、回復に必要な休憩をとることや、早退などの対処をとることが出来なくなる。

とにかく、周りの人間との精神的な状態が違いすぎており、スレ違いが起こりやすいのだ。

それを避けるため、逃げる方向に向いてしまいがちなのだが、まずはSELFアプリの初期型ロボットとコミュニケーションをとってほしい。

初期型ロボットは、ユーザーを叱ることなく、しっかりと気持ちを受け止めてくれる。

答えを見つけ出すために会話を

アプリ内の分析で、自分の状態や性格を客観的に見ることができればしめたものだ。

特に、現在の若者は「ゲーム世代」である。

アプリ内に表示された、自分の分析結果を、RPGのキャラクターステータスに見立てて、自分で自分をコントロールしてみよう。

現在のネット社会、人と人の繋がりの範囲は、ネット社会前よりも、SNSやネットゲームの登場により、二乗倍の広がりを見せる。

が、その分、人ひとりが人ひとりに対する関心の深さは浅くなり、コミュニケーションによる自分の掘り下げは、かなり浅い、上澄みだけのものになりがちだ。

ネット社会のなかで生まれた、人工知能アプリ「SELF」は、名の通り「自分自身」を見つめるためのAIアプリ。

古来より、物事の「正解」は、ひとりのアタマの中で解決するのではなく、誰かとの会話により完成する。

紀元前400年頃に書かれた哲学者プラトンによる「饗宴」は、ソクラテスを中心に複数の人物による会話により行き着いた「愛とはなにか?」についての答え。

シャーロック・ホームズは、助手のワトソンと事件についての推理を話すことで、自分の考えをまとめ、真相に辿り着いている。


五月病が原因で、

「ツラい・・・学校、行きたくない・・・」

「会社休みたいけど、連絡するのもめんどくさい・・・バックレちゃおうかな・・・」

「もう、こんな会社辞めてやる!」

などと思っている方は、すかさず「SELFアプリ」を立ち上げて、初期型ロボットと会話してみよう。

せっかく入社できた会社、頑張って入学した学校。

たった数日の「五月病」のために、無下にしてしまうのはもったいない。

誰かとの会話で、少なくとも「本当の」答えに近い答えが見えてくるはずだ。

五月病を解消することで、いちばん効果的なのは、精神科へ通院することかもしれないが、併せて「SELF:人工知能(AI)があなたの生活をサポート」も服用してみては?

 

SELF:人工知能(AI)があなたの生活をサポート