炊飯器:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)独身に嬉しい自動炊き分け「ゆめぴりか・コシヒカリ」米のポテンシャルを最高まで引き上げる!

炊飯器:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)独身に嬉しい自動炊き分け「ゆめぴりか・コシヒカリ」米のポテンシャルを最高まで引き上げる!



未来ガジェットで独身生活を満喫しよう

独身男の利点といえば、それは「金が自由に使えること」

結婚したならば、妻や子供につかわなければいけない出費も、すべて自分に還元できる。

妻帯者は、かわいい奥さんと子供がいても、自分へのご褒美を与えることができず、悶々とした日々を送らなければいけない。

それを尻目に、我々独身男は、自分の欲求を満たすため、思い立ったら吉日、誰にも相談しないで金を使うことができる。

そんな、独身男の生活を満喫させる「未来ガジェット」をご紹介。

アイリスオーヤマ 炊飯器

炭水化物ダイエットなんて「やってられるかい」ってんだ

米はうまい。

20代前半の頃、職場に新潟県出身の同僚がおり、日々「コシヒカリ」のうまさについて語ってくれた。

「ほうほう、そうなんだ」と、姿勢を正して聞いているとオイシイ思いができるものである。

なんでもない日に、彼が新潟県は魚沼産のかなり高いコシヒカリ10キロと、それを炊くのに最適といわれるミネラルウォーターをプレゼントしてくれた。

手書きのメモも添えられており、その通りにコシヒカリを炊いて食べるとコレがなんとも美味しい。

米が立つとはこのことで、適度に噛みごたえのある白いゴハンが口の中で弾けると、じわっと甘みがとろけ出し、オカズなどいらず「コメでコメが食える」ほどの存在感があった。



いま美味しい米といえば、北海道産の「ゆめぴりか」か山形県産の「つや姫」

もちろん今でもコシヒカリはうまいのだが、ゆめぴりかもつや姫も、それを上回る別格なうまさがある。

特にゆめぴりかは、炊き終わった後にうまさが長続きするのが特徴。

ホカホカの炊きたてを、はふはふしながら食べるのも良いのだが、冷凍保存したあとにレンチンしてもうまみはそのまま。

弁当にして、さめてもいても味が変わらないのが「ゆめぴりか」の最大の特徴だろう。

「穀物」「炭水化物」と分類される「米」だが、ゆめぴりかは大地から生まれた「野菜」としての側面もしっかりと持ち合わせている、植物のトータルなうまさを凝縮した逸品だ。

航空会社「ANA」のファーストクラスでも採用されているのにも納得がいける。

正直なところ、こんなにおいしい「米」を断ってまで行う「炭水化物ダイエット」をするくらいだったら、その糖分に見合う運動をする方がゼッタイに幸せだ。

米を食えない生活なんて「見える美少女が全てカエルに見える魔法」にかかってしまうくらい不幸なことだ。

RC-PA30 の特徴、「炊き分け」のこだわり。

RC-PA30の最大の特徴は、なによりも「炊き分け」

それも大きく「2種類」

米のうまさを徹底的に引き出すこだわりを、RC-PA30はもっている。

米の銘柄の炊き分け

まずは「米の銘柄」による炊き分け

「ゆめぴりか」「コシヒカリ」「ササニシキ」をはじめとして「とちぎの星」「森のくまさん」まで幅広く銘柄による炊き分けが可能。

銘柄ごとの最大のポテンシャルを「炊き分け」によって引き出してくれる。

炊き分けができる銘柄一覧

※50音順

あいちのかおり あきさかり あきたこまち 秋の詩
あきほなみ あさひの夢 おいでまい おぼろづき
キヌヒカリ きぬむすめ きらら397 銀河のしずく
くらさんの力 元気つくし こしいぶき こしひかり
魚沼産こしひかり 彩のかがやき さがびより ササニシキ
ささ結 青天の霹靂 つがるロマン つや姫
天のつぶ とちぎの星 なすひかり ななつぼし
にこまる はえぬき ハツシモ ひとめぼれ
ヒノヒカリ ふさこがね ふっくりんこ まっしぐら
みずかがみ ミルキークイーン 森のくまさん 夢つくし
ゆめぴりか

調理メニューに合わせた炊き分け

もうひとつの炊き分けは「調理メニューに合わせた炊き分け」

「おむすび」用の炊き上げから「カレーライス用」の炊き上げまで、用途に合わせて米の硬さやふっくら感、ねばり気を調整してくれる。

その種類は以下のとおり。

気になる6つ目の「食物繊維モード」とは、米がもつ食物繊維をなるべく壊さず炊き上げるモード。

野菜不足=食物繊維不足になりがちな独身男性にはありがたいモードだ。

食欲の秋を満喫するために

日本人の食事の中心となるゴハン「米」

美味しく食べられることは、オカズのうまさも引き立ててくれる。

これからの「食欲の秋」に向けて、おいしい米を食べられる準備は万端だろうか?



まあ、正直「パックのゴハン」もおいしいのだが。

独身男の醍醐味は、行き連れの女性を家に呼び、彼女の手料理を嗜むこと。

そのときのゴハンがパックのものでレンジでチンでは味気ない。

でも・・・パックもうまいよねw

トップページに戻る