沢村碧:SONYが手掛ける音声合成の未来「企業が満足する【プロとしての】バーチャルアナウンサーとして」

沢村碧:SONYが手掛ける音声合成の未来「企業が満足する【プロとしての】バーチャルアナウンサーとして」


SONYが提唱するAIとのコミュニケーション

AIによる自然な音声読み上げを目指して

オーディオ・ビデオ機器、テレビなどの電気機器の生産販売のみならず、銀行業、生命保険業、不動産業、そして映画制作、芸能マネージメント、アニメーション制作など、様々な分野を多岐にわたって関わる「SONY(ソニー株式会社)」



SONYが新たに取り組んでいるテクノロジーとして「人間と人工知能のコミュニケーション」というものがある。

コミュニケーションにおいて「合成音声による読み上げのクオリティ」はたいへん重要なものだ。

既に、ヒューマノイドAIとして最高峰とされる「Sophia(ソフィア)」などは、かなり人間に近い自然な会話を行うことができる。

SONYは、自然な合成音声による読み上げを高度なものとするべく、日々努力を続けているようだ。

SONYが提供するさまざまな合成音声

コミュニケーションロボット「Xperia Hello!」

2017年10月に「ソニーモバイルコミュニケーションズ」は、コミュニケーションロボット『Xperia Hello!(エクスペリア ハロー)」を発売。

人工知能による高度な「音声認識」により、Xperia Hello! はユーザーとの会話が可能。さまざまな質問などに「音声合成」のメッセージで返答してくれる。

スマートスピーカーのように、日々の暮らしをアシストする様々な機能を搭載しつつ、ミュニケーションロボットとして、ユーザーとの会話の中で「嬉しい」や「すねる」などの感情表現を可能としている。

目覚ましアプリ「めざましマネージャー アスナ」

人工知能ではないが「ソニー・ミュージックコミュニケーションズ」はAndroid端末専用アプリとして「めざましマネージャー アスナ」を2015年にリリース。既に100万ダウンロードを突破している人気アプリだ。

めざましマネージャーはシリーズ化されており、アニメ作品「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」の登場人物「Liko」がキャラクターのものや、ライトノベルおよびアニメ作品の「冴えない彼女の育て方」のメインヒロイン「加藤恵」 を扱ったものなどがある。

アプリは目覚まし時計としての機能がメインだが、Xperia Hello!と同じようにユーザーの声に反応し、天気予報や占いの情報を「合成音声」で読み上げてくれる。

一部、声優による録音の再生箇所もあるが、読み上げに関しては若干たどたどしいながらも、かなり高度な仕上がりとなっている。

この技術は「ソニーエージェントテクノロジー」と呼ばれるもので、音声対話においての入出力でユーザーに有用な情報を提供するためのサービスである。

SONYが提案する最高の合成音声技術

バーチャルアナウンサー「沢村碧」紹介

音声合成による読み上げにおいて、SONY内において最先端にあるのがバーチャルアナウンサーの「沢村碧(さわむらみどり)」だ。

沢村碧も、上記した「めざましマネージャー」同様、ソニーエージェントテクノロジーの技術が活用されている。

また、音声合成エンジンには「東芝デジタルソリューションズ株式会社」製の「ToSpeakG3」が採用されている。

2016年8月に、大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」において実証実験をおこない、2017年3月に試験導入として、静岡放送の生ワイド番組で原稿を読み上げ、その後2018年8月より、バーチャルアナウンサーとして華々しくデビューを遂げた。

まるで実際のタレントのように、じっくり着実に育て上げられているバーチャルアナウンサーである。

沢村碧について

沢村碧の設定は、7月24日生まれの25歳。

身長は158センチで、出身は茨城県つくば市とのこと。

音声合成に使用されている元の声は、声優の「寿美菜子」が担当。

デジタルサイネージや、大型街頭ビジョンのように、雑踏の中でも聴きとりやすい声として選ばれた。

沢村碧活躍中!


2018年10月現在、沢村碧はインターネットTV番組「パ・リーグTV」や、無料ニュースアプリ「ニューススイート(News Suite)」において、番組の出演およびニュース記事原稿の読み上げを行っている。

また、それだけでなく、地方紙のPRや、催事においてのデジタルサイネージに登場したりと、活躍の場を広げているようだ。

視聴した一般人の反応は良好で、なにより合成音声ながら「聞き取りやすい」というのが好印象のようだ。

常に高いクオリティを目指すSONYの技術

SONYの創業は1946年。

ファミリー向けビデオカメラ「ハンディカム」の大ヒットにより、一躍電気機器・映像・オーディオメーカーとして「世界のSONY」と言わしめたソニー株式会社。

SONYが半世紀以上、世界に愛されるメーカーとして存在する所以は、なによりも製品クオリティの高さにある。

定価以上の満足と品質、そして感動をユーザーに与えてくれるSONY

だからこそ、SONYの提供するバーチャルアナウンサーとして「沢村碧」は、サービスを購入した放送局やメーカーが、確実に満足いくように日々進化し続けている。



そのうち、ニュースの読み上げだけでなく、ラジオパーソナリティとして30分くらいの番組をもつようになるかもしれない。

沢村碧の活躍をこれからも期待していこう。

人工知能・AI美少女に関連する記事はコチラ↓↓↓

美少女AI「古瀬あい」に関しての記事はコチラ↓↓↓

トップページに戻る