NEC:AI技術群NEC the WISEによる【物流リソースマネジメントサービス】開始「倉庫内管理」の効率化生産性向上に向けて

NEC:AI技術群NEC the WISEによる【物流リソースマネジメントサービス】開始「倉庫内管理」の効率化生産性向上に向けて


NECの「物流リソースマネジメントサービス」

人工知能による倉庫内のスタッフ管理の最適化

1899年創業の電気機器・販売メーカー日本電気株式会社こと「NEC」

NECは、倉庫内作業におけるスタッフ管理を最適化する「物流リソースマネジメントサービス」を2019年1月より開始すると発表した。



自社が誇る最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用し、倉庫内作業におけるスタッフのシフト計画や、各スタッフの適性に合わせた業務割り当て、作業負荷状況に合わせてのバランスのとれたスタッフの配置を実現する。

NEC the WISE とは?

「NEC the WISE」とは、NECが長年に渡って研究を続けてきた、社会・ビジネスのニーズにこたえるために必要な、多種多様な「AI技術群」である。

事例として「AIによる顔認証」による自動精算や、「AIによるテキストの自動認識・分析」により、顧客や職員のクレームや相談を高速で解析し、顧客満足度や従業員満足度の向上(CS向上)へと繋げるなど。

様々な需要にこたえられるだけの幅広い人工知能の種類により、流通、小売、物流、金融と、あらゆる事業・企業への導入がすぐさま可能であるのがNEC the WISEの強みだ。

日通NECロジスティクスにて実証実験

2018年7月、NECは自社子会社である「日通NECロジスティクス」にて、倉庫内作業における要員管理を最適化する「物流リソースマネジメントサービス」の実証実験を実施。

実証では、スタッフのシフト計画や配置スケジュール、状況に応じた再配置までをトータルで最適化し、特定のエリア・期間において約10%の生産性向上効果が確認できたという。

また、このサービスの導入により、過剰なスタッフ雇用の回避や、逆にスタッフ不足による残業の抑制にも繋がったとのこと。

これまでは現場の管理者による経験と勘で行われていた業務を、人工知能・AIのチカラによりしっかりと「見える化」したことにより、このような業績を収めることができたというわけだ。

10%という数字が表すもの

とはいえこのサービス、実質「10%生産性向上」なだけで、正直大した数字ではない。という見方もできてしまう。30%以上向上したというのであれば、その領域は人間のチカラではカンタンに及ばないものになってしまうが、10%だったら「もうちょっと」努力すればなんとかなる数字だ。

逆な視点から見れば、AIを使っても10%しか向上できなかった倉庫内管理業務を、これまで人間の経験と勘だけでこなしてきていたことの方が凄い、賞賛してあげるべき・・・と思えるのは私だけだろうか?



ただ、この人工知能・AIの活用により「管理者数名」を必要としなくなることは確かである。

その分の人件費が、AIのランニングコストで大幅に相殺できるのであれば、企業としては導入を考える余地があるというものだろう。

デスクワーク業務が人工知能へとシフトされていく?

現在、このようなケースにみられるように、肉体を使った業務ではなく、アタマを使った管理業務が、人間から人工知能へとシフトしようとしている。

スウェーデンの「Norda(ノルデア)銀行」では、そういったアタマを使った管理業務に携わっていた従業員2,500人が、たった2つの人工知能・AIに業務を奪われ大量解雇となったりした。

参考リンク:銀行から人が消える日:バンカーのAI化が世界的にすすむ【人工知能に奪われる職業】

「デスクワーク」に分類される仕事の類が、徐々に人工知能に任されている現在。

仕事にあぶれないために、足腰を鍛えなおし、いつでも肉体労働にシフトできる環境を作っておいたほうが良いかもしれない?

トップページに戻る