NTT東日本:「AIガードマン」アースアイズ株式会社と提携し小売業の万引き防止【次世代の警備員】

NTT東日本:「AIガードマン」アースアイズ株式会社と提携し小売業の万引き防止【次世代の警備員】


小売業界を脅かす万引き

スーパー、コンビニ、雑貨屋、本屋など、小売業店舗において、天敵となるのが「万引き」

万引き被害額は推計で年間4,000億円以上にのぼり、小売業界の大きな経営課題となっている。

万引きは経営を圧迫するだけでなく、万引きを防止するための人員の配置など、店舗の業務負荷を増やす原因でもる。



そんな、小売業界において害悪となっている万引きを抑止するため、東日本電信電話株式会社こと「NTT東日本」と、行動検知AIを活用した防犯システムを提供している「アースアイズ株式会社」が業務提携を結び、万引き防止AIサービス「AIガードマン」を2018年6月下旬から開始することとなった。

万引きを抑止する「AIガードマン」

AIカメラと不審行動を検知するシステムを開発した「アースアイズ株式会社」は、これまでも、AIを活用した行動検知システムを、店舗や施設向けに、万引きや内部不正の防止を目的とした不審行動の検知サービスを展開してきた。

今回、NTT東日本と提携することで、全国展開する大手小売店への導入拡大に向け、販売網の拡大と保守運用までを含めたサービス展開を狙っている。

AIガードマンの特徴

「AIガードマン」の特徴は以下のとおり

不振行動を自動検知

AIカメラが自律的に映像を解析し、万引きが疑われる不審行動を検知する。

今回開発した最新型AIカメラは、検知角度、検知距離の向上により、従来のアースアイズのAIカメラと比較して検知エリアが約3倍に拡大。

少ない台数で必要な範囲をカバーできるようになり、導入コストを下げることができる。

即座に通知

AIカメラから検知した情報(検知場所、写真など)はAIクラウドを経由し、すぐに店員のスマートフォンに通知される。

また、検知映像はオンラインストレージに保管されるため、店舗にサーバーやレコーダーを設置する必要がない。

不審行動の変化にも柔軟に対応

AIが不審行動を検知するために必要なパターンファイルは、アースアイズ株式会社が保有する過去の膨大な消費者行動データをもとに作成されている。

また、AIクラウドのパターンファイルを更新することで、新たな万引きの手口が出現したり顧客層の変化により不審行動が変化した場合でも、AIカメラが不審行動を検知することができる。

統計データの送信

検知数や店員による声がけの実施状況(スマートフォンで声がけ完了登録した数など)が、定期的に送信される。

効果を「見える化」することで、声がけの継続的な取り組みが可能となる。

AIガードマンの目指すところは、万引き犯の検挙ではなく、犯罪抑止である。

AIカメラが不審行動を発見すると、店員のスマホなどの端末にプッシュ通知がはいる。

その後、該当する来店客に対して「なにか、お探しですか?」というような「見ている」ことをアピールする声掛けを行うのである。

AIガードマンによる抑止効果

既に導入している小売店舗において「AIガードマン」を設置してからの万引被害が40%減になったと報告されている。

前述した全国的な数値に置き換えれば、1,600億円の施策効果となるわけだ。

ちなみに、AIガードマンのサービス価格は、初期費用としてAIカメラ1台が23万8,000円(税別)

月額利用料は、AIクラウドが、カメラ1台につき4000円、オンラインストレージが10GBで500円からとなっている。



犯罪抑止として、新しく従業員や、万引きGメンを雇用するよりも、遥かに安価で導入できる「AIガードマン」

小売店経営で、万引きの被害に困っている店舗であれば、積極的に導入を考えるべきだと思われる。

AIカメラの画像について

なお、上の方に貼った「AIカメラ」の画像だが、防犯カメラという性質上、取付具が天井側にくるのが常識であり、これを持ってるおっさん2人は、笑顔で商品を「さかさま」に持っているわけである。

AIカメラを企画製作した技術者の皆様に敬意を表し、敢えて画像を180°回転し、画像を貼らせていただいた。

ご了承願いたい。