企業AI導入を考えているなら?「AI実用例を紹介」SAS FORUM JAPAN 2018【国内最大級のアナリティクス専門カンファレンス】

企業AI導入を考えているなら?「AI実用例を紹介」SAS FORUM JAPAN 2018【国内最大級のアナリティクス専門カンファレンス】


AI・IoTを実用化する最新事例が一堂に集結

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社は、2018年5月18日、国内最大級のアナリティクス専門カンファレンス「SAS FORUM JAPAN 2018」をグランド ハイアット東京にて開催する。


アナリティクスとは?

ある目的にもとづいて、さまざまな分析手法やソフトウェアベースのアルゴリズムを駆使しながら、データに潜んでいる特定のパターンや相関関係などの知見を抽出することを意味する。

データの中に意味のあるパターンを見出し、伝えること。

今年度のSAS FORUM JAPANでは、AIやIoTといった先進のテクノロジーをベースとしたSASソリューションの実践的企業活用事例や、最新製品の使用実例を披露する。

AIやIoTなどの最新テクノロジーを、ビジネスに活用される企業や、アナリティクスの業務活用に関心のある人を対象とし、約1,500名の来場を予定している。

SAS FORUM JAPAN 2018

開催日時 2018年5月18日(金) 10:00-18:00
会場 グランドハイアット東京 [会場アクセス]
開催内容 基調講演、ブレイクアウトセッション、展示

SAS FORUM JAPAN 2018 – グランドハイアット東京 2018年5月18日(金)ホームページ

AIの企業実用例が盛りだくさん

人工知能(AI)を取り扱う、当ブログとしては、AI関連のセッションに注目。

株式会社テプコシステムズによる「SAS Viyaを使った電力の需要と供給のバランシング」

三井住友銀行による「AIを活用したAML業務高度化への取り組み」

イオンファイナンシャルグループによる「AI・機械学習技術を活用した新たな債権回収ソリューション構築」

電力、金融、販売業の大手3メーカーが、AIの企業実用例を紹介。

かなり充実した内容になることが予想される。

その他にも、日本情報通信株式会社や富士通株式会社、NEC日本電気株式会社など、日本を代表するAI開発企業が参加。

最新の企業向けアナリティクスAIなどを展示する予定だ。


企業が、経営や営業を効率化、スピード化するために、20世紀の後半から「コピー機」や「FAX」そして「パソコン」「インターネット」が、導入されていった。

同じように、人工知能、AIも、企業のアップグレードにおいて、必要不可欠な時代に入っている。

会社に、パソコンが1台もなく、FAXすらなかったら、仕事をすることができるだろうか?

SAS FORUMは、あくまで中〜大企業向けのフォーラムとなっているが、中小の企業においても、まずはその世界観を感じるためにも、このフォーラムに参加する意味はあると思われる。