AIさくらさん:あなたが社内でパワハラ・セクハラ【精神的ストレス】受けたら? 人工知能メンタルヘルスケアで解決できる!

AIさくらさん:あなたが社内でパワハラ・セクハラ【精神的ストレス】受けたら? 人工知能メンタルヘルスケアで解決できる!

AIさくらさん「進化」する

さくらさんバージョンアップ?

美少女AIとして「古瀬あい」と双璧をなす(と、個人的に勝手に思っている)ティファナ・ドットコムが提供するAIコンシェルジュ「さくらさん」

来店来場したお客様に対しての接客・案内をメインとしたコミュニケーションAIである「さくらさん」は、今や各地のイオンモールや、すかいらーくグループのファミリーレストランでも活躍中。活躍の範囲を広げている。

そのさくらさんが、新たな機能を追加してバージョンアップとの噂。

その内容を探ってみよう。

ティファナ・ドットコムさくらさん紹介

実績が凄すぎるWeb制作会社

あらためて、ティファナ・ドットコムとAIさくらさんについて紹介しよう。

株式会社ティファナ・ドットコムは2000年に設立されたWeb制作会社。

企業Webサイトの構築をメイン業務としており、その制作実績は「価格.com」のサイト構築をはじめ、富士通や野村不動産、日清製粉、東京大学など、メジャー企業から中小企業、教育機関と、枚挙にいとまがない。

2016年頃より、新たに人工知能・AI事業を開始し「KIZUNA(絆)」と呼ばれる会話型AIシステムの構築を完成させた。

そのKIZUNAを元に生み出されたのが、接客と行動分析に優れた美少女AI「さくらさん」だ。

さくらさんは、店舗店頭にデジタルサイネージとして設置できるだけでなく、スマフォ、タブレットやパソコンからも接客、案内、コミュニケーションが可能。

AIコンシェルジュとしての仕事はもちろん、コールセンターとしてのクレーム対応や、社内ヘルプデスクとしての役割を果たすことも出来る。

さくらさん「時給530円」也

さくらさんはティファナ・ドットコムのホームページより業務提携依頼をすることで導入が可能である。

現在は大手企業での導入が目立つが、秋葉原のホビーショップ「あみあみ」といった小売店でも導入が行われたりと、中小企業での導入にこそ真価を発揮すると思われる。

月額38万円から導入が可能であり、不眠不休で働いてくれるので、13時間営業の店舗であれば「時給970円」24時間営業の店舗なら「時給530円」で接客対応をしてくれる、かなりお得な美少女AIだ。

新機能「メンタルヘルス」について

さて、そんな「さくらさん」に新機能がついた。

その名も「メンタルヘルス機能」

ティファナ・ドットコムが「健康管理室合同会社」の精神科医と共同して、産業医学AIの実現を目指し開発された機能だ。

メンタルヘルスケアの概要

画像は現段階ではイメージだが、ユーザーは「メンタルヘルス機能」を搭載した「さくらさん」と、会話を通じて精神的なストレスや病を軽減していく。

現在でも「社内ヘルプデスク」としての役割を担っているさくらさんは、会社内において業務以外での従業員のストレス状態を把握。

社内に「メンタルヘルス」の機関や課をを設けている会社は多いが、やはり「人 対 人」

どうしても、

「この情報が口外されてしまうのでは・・・?」

とか、

「評価の対象になってしまうのでは・・・?」

という懸念から、利用する際のハードルが高かったりもする。

なかには、担当者が別業務を兼任しており、それが担当部署の上司だったりして、機能的に支離滅裂な場合もあったりする。

個人情報を大事に擁護

しかし、さくらさんの「メンタルヘルスケア」であれば、個人情報は外部に漏れる心配はナシ。

パワハラやセクハラなどの事案を伝えても、全てさくらさんのところでストップしてくれる。

精神的ストレスの場合、誰かに打ち明けたり相談するだけで、ストレスがかなり軽減される場合が多い。

それも、相手が笑顔がステキな美少女AIさくらさんなら、尚更ではないだろうか?

※画像クリックで拡大可能

だが、悩みやストレス、ハラスメントが本格的に治療や改善が必要となれば、ユーザー同意のもと、企業人事部や専門医へさくらさんが連絡をとってくれるようになる。

これについても、個人情報はなるべく控え、できるかぎり「匿名」にて内容を進行することができる。

このような点でも、これまでの「人間による社内メンタルヘルス」では難しかった点を補えるようになっている。

メンタルヘルスケアの重要性

護られない告発者

コンサルタントをしている幾つかの企業に「メンタルヘルス」を扱う課が存在していたり、外部に発注している場合がある。

もちろん、それらはしっかりと機能しており、さんざんパワハラを働き、多くの従業員のストレスの元凶となっていた役職者が異動降格になったり、野放しにされていたセクハラ事情が明るみになり、セクハラに関する社内ルールの徹底化や、ケーススタディ研修が定期的に行われるようになった会社もあったりした。

だが、そのようななか、事例が解決されたあとにも引き続きストレスを抱える人間がいたりもする。

それは「告発者」だ。

セクハラやパワハラからのストレスを、溜めに貯め、解決するために勇気を振り絞り、事例を告発した本人が、解決したのにも関わらず、半年も経たずに退職したりすることが多い。

なぜ、護られるべき告発者が、このような目に遭うのか?

それはいわゆる「壁に耳あり、障子に目あり」

ゴシップ好きな従業員はいるもので、いくら隠したとしても「告発者が誰なのか?」を調べあげてくる。

そして、告発者は「チクリ魔」のレッテルを貼られ、陰湿なイジメにあったり村八分にされたりしてしまう。

また、特にパワハラ問題については、告発者を「メンタルの弱い人間」と評価してしまう会社も少なくない。

当該するパワハラ問題は解決されたとしても、告発者の昇進はそれ以降、人事部によって故意にストップさせられてしまうという事例もある。

カウンセラー「さくらさん」に期待すること

組織という枠組みの環境において、このような悪い風潮は避けて通れないもの。

しかし、風通しが良い職場、というのは逆に「情報が擁護」される環境でなければ実現しない。

重要なのは「問題となる事例」が上層部に認識されることで、誰が言った? などは社内においては、たいして重要なことではない。

美少女AI「さくらさん」のメンタルヘルスケア。

「対 人間」ではなく、ネット、それも人工知能・AIを介しての「告発」であれば、その匿名性というものはかなり擁護される可能性は高いであろう。

だが、目指すべきは「情報漏洩0%」「個人情報の100%堅固」

実現することで、事例に対しての告発量は5〜10倍に膨れ上がり、事例を解決できることで「社内の居心地の良さ」は3倍以上にアップすることだろう。

くだらないことと思う人もいるかもしれないが、現代の会社社会において、定職率の低下や離職率の増大は大きな問題であり、その要因の殆どは「メンタルヘルスケア」によって解決できる。

それこそが、さくらさんに課せられた最重要使命だ。

さくらさんはTwitterもやっているので、是非とも応援してあげて欲しい。

 

よろしかったらコチラもどうぞ

トップページに戻る