【RICOH THETA 360°撮影カメラ】独身男の未来ガジェット「VR動画を気軽に撮影したいのならコレで決まり!」

【RICOH THETA 360°撮影カメラ】独身男の未来ガジェット「VR動画を気軽に撮影したいのならコレで決まり!」



未来ガジェットで独身生活を満喫しよう

独身男の利点といえば、それは「金が自由に使えること」

結婚したならば、妻や子供につかわなければいけない出費も、すべて自分に還元できる。

妻帯者は、かわいい奥さんと子供がいても、自分へのご褒美を与えることができず、悶々とした日々を送らなければいけない。

それを尻目に、我々独身男は、自分の欲求を満たすため、思い立ったら吉日、誰にも相談しないで金を使うことができる。

そんな、独身男の生活を満喫させる「未来ガジェット」をご紹介。

RICOH THETA S 360°全天球カメラ

当ブログの人気コーナーである「独身男の未来ガジェット」において、現在大人気となっているのが「VRゴーグル」

映画「レディプレイヤー1」さながらのVR体験を安価で楽しめるということで、人気沸騰中だ。

スマフォで鑑賞できるYouTubeなど動画サイトの投稿動画を、3Dで、しかも360°体験できるのが、なによりも魅力。

今回は、その次のステップとして、

「その360°動画、俺も撮ってみようかな」

というチャレンジ精神にこたえる逸品。

もちろん、撮影した動画や写真は、VRゴーグルやPlayStationVRで鑑賞可能。

旅行中にこの、未来型デバイス「RICOH THETA(シータ)」で動画撮影すれば、同じ旅行を何度も楽しめるというものだ。



さて、全天球カメラだが、いったいどのように「360°」全方向を撮影しているのかというと、下の画像を見れば一目瞭然である。

これは、RICOH THETA S を横から見たところ。

カメラレンズが、前面と背面、両方にあるのがわかる。

つまり、180°超広角のカメラが、前と後ろを完全にカバーし、360°全方位の動画および画像を撮影されるというわけだ。

特徴はなにより「小さくて」高機能

RICOH THETA は上の写真の通り、スマフォよりひと回り小さいサイズと非常にコンパクト。

持ち運びが便利なのは、旅行などのおともにはちょうど良い。

また、デザインも秀逸、

カメラとしての存在感が希薄なため、被写体の自然な表情を捉えやすい。

また、必要であれば、以下のようなアクセサリーで定点撮影や水中撮影も自由自在だ。

ちょっと見てみっか? 360°の世界

マウスでのクリック&ドラッグや、スマフォでのフリック操作でもたのしめる、360°の写真&動画を紹介しよう。

どれもRICOH THETA にて撮影されたものである。

各画像をクリックすれば、360°の世界が楽しめるぞ!

キャンディーショップでのワンショット

旅行先での1枚も、360°見渡すことができれば、あとでゆっくりと「このお店、こんなものが置いてあったんだ」と新たな感動が生み出せる。

なにげなく写り込んでいる、金髪女性のパイスラッシュも撮り逃さない。

ウミガメとのツーショット

360°の空間が活かせる水中での撮影。

全方位を撮影できるので、RICOH THETA を手に持ち撮影すれば、被写体と必ずツーショットになる。

撮影中は気付かなかったであろう、水面から覗き込む太陽が美しい。

動画:テニス・男女ダブルス

テニスコートの中心にRICOH THETAを設置し、テニスのラリーを撮影した動画。

自分を中心に飛び交うボールの迫力もさることながら、360°撮影でなければ映されることがないであろう、ボールボーイの懸命な姿に注目するなんてことも出来る。

上位機種の「V」もある

価格的にも安価で人気なのはRICOH THETAシリーズの「S」ではあるが、ハイスペック型である「V」も人気だ。

Sシリーズに比べて、動画撮影面を強化しており「4K動画撮影」や「4chマイク」による、360°空間音声記録が可能となっている。



プロ目線からみると「S」シリーズにフレームレートに難あり、という声もあり、それを解消しているのが「V」でもあったりする。

だが、「S」で十二分にVR動画や、360°写真を楽しむことは可能。

あとは、ユーザー個人の「熱意」で決めればよい。

これから本格的な夏到来。

レジャーシーンにRICOH THETAを持ち込めば、楽しさ360倍まちがいなしだ!

コチラの記事もどうぞ

ユーザー数急増「VR」記事は下のバナーをタップorクリック↓↓

トップページに戻る