新カテゴリー「独身男の技術特異点(シンギュラリティ)」立ち上げ

新カテゴリー「独身男の技術特異点(シンギュラリティ)」立ち上げ




独身男”Singularity”に立つ

Singurarity(シンギュラリティ)

「技術特異点」

人工知能(AI)の技術成長により、人間文明に計り知れない変化をもたらす瞬間。

2045年に訪れるといわれている技術特異点「シンギュラリティ」

既に多くの人間が、このポイントへ向けてのスタートを、2017年の時点で切ったと感じている。

現在の2018年から、たった27年。

つまり四半世紀後に起こりうるシンギュラリティに向けて。

人間は、独身男は、どのような生き方をしていくべきなのか?

どのような覚悟を決めればよいのか?

新たに立ち上げた「独身男の技術特異点」は、それらを考えるカテゴリーとなる。



技術特異点の息吹を感じるか?

過去の話である。

ニューミレニアム。

1999年から2000年へと、世紀をまたぐその瞬間。

人類は、どのような世界が待ち受けるのか?

心にざわめきを持ちながら、カウントダウンを刻んだ。

しかし。

恐れていた「2000年問題」も起こらず。

クルマは空を飛ばず、月までの高速エレベーターは開通せず、不老不死のクスリは生まれず。

昨日どころか、1週間前、はたまた1ヶ月前と、なんら変わらない生活を送っていた。

待ちに待ったニューミレニアム。

その「点」を通過したとして、超絶大きな変化が人類に起こるわけではない。

それを我々は記憶している。

同じように「技術特異点」シンギュラリティという点の上に立ったとしても。

通過したとしても、1周間前、1ヶ月前と、なんら変わらない生活が来るだろうことを、我々は知っている。

だが、その点へ向けての25年間で、どれだけのものが新しく生まれ、変化していくだろう?

2017年からスタートしたといわれる、技術特異点への出発。

まだ、その息吹を感じていないのなら、これらがその「芽」であることを知ってほしい。

尚、下記のリンクは、記事作成が終了次第、追加されていく。

まずは、これらの「芽」を知っていこう。



拾うものと捨てるもの

これを読む読者の年齢を知る由もないが、人間はたった20年ぽっちの人生でも、

「拾う」「捨てる」

という行為を、膨大な量、行ってきている。

 

「DVDプレイヤーを捨て、Blu-rayプレイヤーを購入する」

 

「友人との時間を割き、恋人との時間を増やす」

 

「実家を捨て、ひとり暮らしを始める」

 

「務めていた会社を辞め、転職する」

 

ひとつ上の項目である「技術特異点の息吹を感じるか?」で紹介する、技術特異点へ向けての「芽」の紹介が終わったならば、次のステップとして、

我々が「捨てる」もの「拾う」もの。

を考察していこう。