Amazon Echo & Echo Spot:新たな3つのコミュニケーション機能を紹介【日本解禁】無料通話や音声メッセージの送受信が可能に!!

Amazon Echo & Echo Spot:新たな3つのコミュニケーション機能を紹介【日本解禁】無料通話や音声メッセージの送受信が可能に!!


日本でも解禁「コミュニケーション機能」

更にEchoデバイスが便利に! コミュニケーション機能

2018年7月26日にスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの最新版「Echo Spot」が日本でも発売開始。

それとほぼ同時期にAmazonよりアナウンスされていた、Amazon Echoシリーズ(Echoデバイス)同士でのユーザーによる音声メッセージの送信やビデオ通話「コミュニケーション機能」が、遂に日本でも対応開始となった。



海外では既にスタートしていたこのサービス。国内のユーザーには首を長くして待っていた方も多いのではないだろうか?

今回は、この「コミュニケーション機能」で出来ることを紹介していこう。

Echoデバイスがなくても使える・・・?

尚、補足として「コミュニケーション機能」は、Echoデバイス同士だけでなく、iPhoneおよびAndroid端末に「Alexaアプリ」がインストールされていれば、スマートフォンからの利用も可能。

外出先から、自宅への連絡などにはもってこいとなっている。

3つのコミュニケーション機能を紹介

1・呼びかけ機能

最初に「呼びかけ機能」から。

この機能を使うことによって、Echoデバイス、若しくはスマートフォンのAlexaアプリから、他のEchoデバイスを起動させ、メッセージを送ることが出来る。

「Alexa ◯◯(Echo端末名)に呼びかけて」

と、呼びかけることで機能を起動させ、そのあとにメッセージを音声入力。

端末名の一覧は、Alexaアプリで確認できる。

「ごはんできたよー」と、家族をリビングに呼び出すことも出来れば「いま駅を出たところ、雨に濡れちゃってるからバスタオル用意しておいてー」なんて、帰るコールも出来たりする。

ディスプレイ付きの「Echo Spot」であれば、映像の送信も可能だ。

2・Alexaコール機能

次に「Alexaコール機能」

これはいわゆる「通話機能」にあたる。

電話回線を介さない、通話料無料の通話がEchoデバイスおよびAlexaアプリのインストールされたスマートフォンを使用して可能ということだ。

「Alexa ◯◯(連絡先名)に連絡して」

と、呼びかけることで機能を起動させ、通話がスタート。

据置型のスマートスピーカーであれば、寝転がったままハンズフリーで会話が可能なのはたいへんラクチン。

現行では通話アプリ「Skype」や、SNSアプリ「LINE」の通話機能が世間一般では無料通話として利用されているが、いかんせん通話が不安定なのが難である。

特にLINEの通話機能は武田信玄なら「途切れること糞の如し」と言わんばかりの不安定さ。

たまに仕事の連絡で使用してくる輩がいるが、お互いに途切れていることに気付かなかったりして話が食い違うことがあたりまえな状態。結局「内容をまとめてメッセージで送っておいて!」となってしまう。

有識者の見解では、Alexaコールは「それよりはマシ」といった安定性。

双方がEchoデバイスを使用しているのであれば、積極的に使用した方が良さそうだ。

3・Alexaメッセージ機能

最後に紹介するのは「Alexaメッセージ機能」

音声を利用した「メール」のようなものだ。

Alexaアプリを使用すれば、テキストでのメッセージ入力も可能。送信先のEchoデバイスではAlexaがテキスト読み上げをしてくれる。

「Alexa ◯◯(連絡先名)にメッセージを送って」

と、呼びかけることで機能を起動させ、メッセージの入力がスタート。

感覚的には「留守番電話」に近いものがある。

メッセージを受け取ったAlexaはチャイム音でお知らせ。Echoデバイスのライトリングが黄色く光り、メッセージが保留されていることを教えてくれる。

尚、メッセージの確認は、

「Alexa メッセージを再生して」

と、呼びかけることで可能だ。

新たな利用価値を生み出したEchoデバイス

元祖スマートスピーカーである「Amazon Echo」シリーズが登場した当初、スマートスピーカーは「気軽に音声でAmazonショッピングが出来る媒体」であった。

それが音声コントロールが脚光を浴び、照明やエアコンのON/OFFといった「スマート家電を音声コントロールする媒体」として進化を遂げた。

そして現在は、据え置いてある状態で音楽が聴けることから「音声コントロールのできるオーディオコンポ」としての利用価値が大きく占めてくる状態となっている。



スマートフォンに続き、新たなコミュニケーションガジェットとして家庭に浸透するスマートスピーカー。

Amazon Echoの新機能「コミュニケーション機能」の解禁により、また新たな側面を見出したと言えるだろう。

トップページに戻る