VR触覚グローブ:仮想空間であの子に触れる!? 【閃乱カグラ】HONEY∞PARADE GAMESは準備をはじめているのか!?

VR触覚グローブ:仮想空間であの子に触れる!? 【閃乱カグラ】HONEY∞PARADE GAMESは準備をはじめているのか!?


VR世界であれこれタッチ!!

触覚フィードバック・デバイスを紹介

思い返せば3年前ーーー

コンサルタント先のパチンコ店の事務所にて、監視カメラ越しにお客様の動向を観察していた私に、ふいに主任の青年が話しかけてきた。

「オレ、これを特許にして、ビッグビジネスにするんです!」

その内容は・・・

「聴覚、視覚、嗅覚ってバーチャル体験できるじゃないですか? でも、まだ触覚・・・つまり、感触ってバーチャルになってないですよね? オレ、その原理を発明しちゃったんです!!」

それから3ヶ月後、彼は店舗を退社し、自分のドリームに向かって邁進した・・・

それから2年後。

彼のLINEタイムラインを見る限り、実家の結婚写真館を継いだようだ。



人間の五感において、仮想現実化されているもので遅れをとっているのが、触覚と味覚。

しかし、その「穴」も既に塞がれ始めており、仮想のものに触れる現実がもうすぐそこまできている。

今回は、そんな「触覚フィードバック・デバイス」の紹介だ。

これが噂の「VR触感グローブ」

開発はPlexus Immersive

アメリカはサンフランシスコに拠点を置くスタートアップ企業「Plexus Immersive(プレクサス・イマーシブ)」は、VR、AR関連のデバイスを研究・開発している2017年創立の会社。

Plexus Immersiveは、この度「VR/AR用の触感グローブ」を開発した。

このグローブは「Oculus Touch」や「HTC Vive」やなど、主要なVRコントローラーに対応し、VR世界のなかでユーザーの指の動きを正確に再現することができる。

10本の指すべての動きを正確にトラッキング

「VR触感グローブ」の柔らかい部分はシリコン製。

このシリコン部に指の動きをVR内に反映させるセンサーが内蔵されている。

5本の指の動きは「誤差0.01°」という精度で、正確にトラッキングされるのだから驚き。緊張で指が震えたとしても、それすらVR世界に反映されてしまうというわけだ。

トラッキングとは?

センサーを用いて、現実世界の対象物の位置を計測すること。

VRヘッドマウントディスプレイや、VRゴーグルにはアタマの位置や動きを感知するセンサーがついており、それにより向いた方向がVR世界のなかでも同期する仕組みとなっている。

主要VRコントローラーが接続できる

Plexus Immersiveの開発した「VR触感グローブ」だが、単体では「手の位置」のトラッキングを行うことはできない。

それを解消するために、ユーザーは自分のもつ「VRコントローラー」をグローブの甲の部分に取り付ける必要がある。

グローブにあえて「位置センサー」を取り付けなかった仕様により、Plexus Immersiveはグローブの軽量化と低価格化を実現。

ちなみに「VR触感グローブ」の値段は両手ペアで「$249.0−」だ。

触覚アクチュエーターがVRとの接し方を変える

さて、この「VR触感グローブ」だが、大事な「触感」について触れておこう。

5本の指先には、振動で触感を伝える「アクチュエーター」が取り付けられており、VR世界でモノを掴んだりすると、触覚がユーザーにフィードバックされる。

触覚アクチュエーターとは?

微細な振動を利用して、触感をフィードバックできるモジュール。

ざらざら感や、すべすべ感など「触り心地」を電子信号化し、デバイスを介して再現できる。

この「触覚アクチュエーター」身近なものでは既にスマフォなどにも利用されている。

画面を強めに押すと、スクリーンが凹んだわけでもないのにボタンを押したような感覚が指先に伝わってくる。あれも、触感アクチュエーターの応用だ。

これにより、ユーザーはVR世界のなかで「モノを掴んだ」という感覚を体験することができ、より仮想現実の世界にのめり込むことができるというわけだ。

触覚デバイス登場であのメーカーは??

2017年に起きた、とある連続事件

時は2017年11月24日、日本の各地で、とある事件が起こった。

それは、

「◯◯をダウンロードしたはずなのに間違ってしまった」

「手が滑ってダウンロードしてしまった」

「くしゃみをしたらダウンロードしてしまった」

相次ぐ「間違ってダウンロードしていた」事件。

そのダウンロードされまくっていたソフトとは・・・

任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」用のダウンロード専用ソフト「シビリフレ -SENRAN KAGURA-」だ。

間違ってダウンロードをしてしまった紳士たちが、全国的にあまりにも多かったようで「シノビリフレ」は一時的にニンテンドーEショップ内でのセールスランキング1位を獲得。

HONEY∞PARADE GAMESが動き出す?

いわゆる「美少女ゲーム」のシノビリフレだが、このゲームの特徴はなんといっても、

「Nintendo Switchのコントローラーを介して、美少女の肌の感触がたのしめる」こと。

これの動作確認をしたいために、日本中の紳士たちが立ち上がったというわけだ。

Nintendo Switchでは「HD振動」と銘打たれている「触感アクチュエーター」

画期的な割には、Nintendo Switchの他のゲームソフトでは、あまり活かされていないこの機能に目をつけたのは、ゲーム・アニメ「閃乱カグラ」シリーズのソフトウェア会社「HONEY∞PARADE GAMES」

HONEY∞PARADE GAMESは、触感アクチュエーターを利用して「爆乳を表現したい!」と、シノビリフレの開発に着手。

制作発表時のトーク内容では、感触を表現するために「水風船」を使ったとかなんとか。

今度は指で「つんつん」させてくれ

そんな「VRを使用しての爆乳表現」にこだわるHONEY∞PARADE GAMESだからこそ、Plexus Immersiveの開発した「VR触感グローブ」に対応した閃乱カグラシリーズを既に開発中なのではないだろうか?

Nintendo Switchの「シノビリフレ」も、たしかによかった。

が、いかんせんコントローラーを持つ手が「グー」に近い状態なので、画面の手の形である「パー」と微妙にシンクロしない。

常に、手ではなく「コントローラー越しに触っている」という感覚がついてまわってしまい、そこらへんがモヤっとしたりもした。



是非ともHONEY∞PARADE GAMESには「VR触感グローブ」対応で、指先一本でつんつんできる閃乱カグラシリーズを開発してもらいたい。

また、全国で「間違って」触感グローブとソフトをポチってしまう現象が巻き起こるはず!!

閃乱カグラ 新乳素材使用 飛鳥 生フィギュア

閃乱カグラ 新乳素材使用 飛鳥 生フィギュア