Apple:スマートスピーカー「HomePod」に期待できる2つのこと

Apple:スマートスピーカー「HomePod」に期待できる2つのこと




前回の記事を踏まえ

Apple社から発売されるスマートスピーカー「HomePod」を約1週間前に記事で書いた。

Appleが遂にスマートスピーカーを発売「HomePod」思い切りディスってます。

根っからのAppleファン、ジョブス信者として「これは違うだろ?」と、かなりdisった記事を書いた。

大人げないなと思った。

悪いところばかり書いてもいけないので、キチンと褒めるべき・・・否、期待できる点を、今回は記事にしよう。

と、記事を書き始める前に。

上の写真は、HomePodを上から見たところ。

この写真から連想されるのは、映画「2001年宇宙の旅」に登場する、人工知能「HAL9000」である。

HAL9000を人がイメージするとき、大概は上の写真のような、HAL9000のレンズが連想される。

レンズの奥には赤い光が淡く光り、機械でありながら生命が宿っているような錯覚がある。

映画の劇中、HAL9000は人類の敵として描かれた。

その敵対する色「赤」を「虹色」に変え、HomePodは登場する。

それは、あたかも「人類の味方」を意味するようでもある。



早速、叩かれているHomePodだが

値段の高さを指摘

2月9日の発売を迎え(日本は春頃発売予定)ネット上のニュース記事等にも多く名前が連なるようになったHomePod。

チカラを入れている「音響スピーカー」としての性能について褒める記事は多いが、先行するスマートスピーカー「AmazonEcho」や「Google Home」に対して、2倍以上の価格(約¥38,000-)についてはマイナスなイメージが強い。

値段の高さと、現在のスマートスピーカーの普及率から、予約をしなくても入手が可能という予想も立っている。

ただ、考えてもみてほしい。

そもそも、Apple製品は高いのだ。

Appleファンとして、これまで数々の製品を買ってきたからこそ断言できるが、Apple製品は、その時代の「一般製品」の2倍の値段は、当たり前に提示してくる。

現在でも、ディスプレイ一体型で、無難なスペックのデスクトップパソコンが、¥100,000-を切る値段で販売されているが、AppleのiMacはスペックが最低での価格から¥140,000-を提示してくる。

メモリを増設したり、あれこれオプションをつければ、あっという間に¥400,000-に近い値段になる。

このように高額だが、対価分の性能と信頼、そして快適さ(あと優越感)をユーザーは購入することができる。

いまさらApple製品に「高い」と文句をつけるほうが、お門違いといったところだ。

HomePodの真の魅力とは?

 

ここ数週間の間でも、スマートスピーカーに関するニュースはあちこちで取り上げられ、特に今回のHomePodでスマートスピーカーデビューを果たそうとする方も多いと思われる。

しかし、本当にHomePodで良いのか?

悩むところではあると思うので、HomePodの魅力について少々。

その1「ローカル処理によるAI」

Amazon EchoやGoogle Homeと、HomePodが一線を画して差別化される部分として、人工知能(AI)がローカル処理を行う、ということがある。

前者は、ユーザーからスマートスピーカーへ「声による命令や指示」が出された場合、それらを一旦、クラウドへ持ち帰り、処理を行う。

が、HomePodの場合は、HomePod内でそれらを完結させるようになっている。

それを行うため、CPUスペックや、メモリ容量も前者と比べ大きくならざるを得ないのが、価格高騰の理由のひとつだ。

この仕様でHomePodがアドバンテージをとれる点は「返答インターバルの短さ」だ。

クラウドを介さない、イコール、ネットを介さないことであるため、ユーザーの指示に対しての対応速度に、各家庭の通信速度が影響されることはない。

「HomePodの反応が遅いから、YouTube見るの、ちょっと止めて!」なんて状況は生まれないのだ。

その2「新たなる音響体験」

2016年、iPhone7と共に発表されたワイヤレスマイク付きイヤフォン「AirPods」

この製品に感銘を受けたユーザーは少なくないであろう。

ヘッドフォンではなく、イヤフォンで・・・しかもコードレスで。

これまでの高額ヘッドフォンに近い高音質を再現したAirPodsの発表から、ワイヤレスイヤホンのブームは始まり、宇多田ヒカルがCMするSONYの「WF−1000X」まで繋がった。

Appleという会社は、AmazonやGoogleと違い、常に「ハードウェア」で時代を突き破ってくる会社である。

それは、初代ディスプレイ一体型パソコンのiMacしかり、初代デジタル音楽プレイヤーのiPodしかり、初代スマートフォンのiPhoneしかりだ。

今回のHomePodも、ハードウェア先行型のAppleとして、その戦車の砲塔ともいえるのが「スピーカーの性能」だ。

その核となるのが「方向性コントロール」である。

スピーカーから発せられた音の反射を頼りに、HomePodは、置かれている部屋の大きさや、位置を判断し、その時点での最良の音響をユーザーに与える。

その方法は、7つの「ビームフォーミングツイーター」による音響方向の調整だけでなく、壁を利用した反射音まで、最良の音響の味方とする。

ステレオコンポを買って、部屋に置き、クラシックを流しながらスピーカーの位置やイコライザーバランスをあれこれ悩む必要はなくなる。HomePodを部屋に置き、iTunesの再生ボタンを押せばよいだけなのだ。

HomePodは、誰にでも公平に、HomePodが持ちうる最高の音響をユーザーに与えてくれる。

音響についての補足

と、書いたが・・・

いずれAppleは、HomePodの「高性能スピーカーでない」廉価版を出すであろう。

最初に発売されるアメリカ、イギリス、オーストラリアに比べて、日本や韓国の住宅事情は大きく違う。

スピーカーで音楽を聴くことが、イコール近隣住民の迷惑になることもある。

iPodの廉価版であるiPod nanoが発売されたようなものである。

「ちょっとスピーカーで音楽を聴くのは気が引ける・・・」

という方は、もう少しだけスマートスピーカーデビューを遅らせても構わない。

なにせ、まだまだスマートスピーカーの地盤は固まりきってはいない。

iPhoneだって、世間に認められるようになったのは、4世代目の改良版である4Sからだ。

最後にまたdisる

HomePodについての前回の記事で、デザインが悪いという旨を書いたが・・・

では、いったいどういったデザインならば?

Appleの創始者、故スティーブ・ジョブズだったら、こういうデザインだろう・・・ということで、挙げてみる。

ズバリ、これだ。

映画「2001年宇宙の旅」に登場した、各辺比1:4:9の四角柱「モノリス」

この形こそ、HomePodのあるべき姿ではなかったのか? と思われる。

この「板」が、日常生活のなかにあることに違和感を覚えるかもしれないが、実はこのデザインで成功を収めているものがある。

SONYが2000年に発売したコンピューターゲーム機「PlayStation2」だ。

台所の片隅に、料理の本が立てかけてあるように。

トイレの棚に、雑誌が立てかけてあるように。

実は、この形は生活に「入り込みやすい」形なのだ。

インターネットのルーターが、軒並み縦置きになっているのもその為だ。

スティーブ・ジョブズであれば、その「入り込みやすい形」としての、このモノリス型を断固として譲らなかったと思われる。

そして、なによりジョブズは「2001年宇宙の旅」のマニアである。

特に、人類に知恵を与えた「モノリス」への執着は強く、彼の遺作とも謂われているiPhone5などは、ほぼモノリスといってよい造形をしている。



最後に

HomePodの日本国内での発売は春頃とも、2月中若しくは3月上旬ともいわれている。

iPhoneもちであれば、設定等で戸惑うことはなく、ストレスレスでスマートスピーカーデビューできるはず。

少しだけ、興味をもってみてもよいかもしれない。